ニュース

半導体不足 なぜ

0
10

2020年頃から続く半導体不足は、複雑な要因が絡み合って発生しています。主な原因としては、以下の5つが挙げられます。

1. 需要急増

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による巣ごもり需要や、デジタル化の進展により、パソコンやスマートフォン、家電製品などの需要が急増しました。これらの製品には、多くの半導体が使用されています。

2. 供給不足

半導体の製造には、高度な技術と設備が必要であり、生産能力の増強には時間がかかります。また、COVID-19の影響による工場の稼働停止や、物流の混乱なども供給不足に拍車をかけています。

3. 自動車産業の誤算

COVID-19の流行当初、自動車産業は販売の落ち込みを予想し、半導体チップの発注を減らしました。しかし、その後、販売が回復したにもかかわらず、半導体不足の影響を受け、生産を減産せざるを得ない状況となりました。

4. 地政学的リスク

半導体の製造は、東アジアに集中しており、台湾有事などの地政学的リスクが、供給に影響を与える可能性があります。

5. 投資不足

半導体製造装置は高額であり、半導体メーカーの投資意欲が低いことも、供給不足の原因の一つとなっています。

半導体不足の影響

半導体不足は、自動車産業をはじめ、家電製品、情報通信機器、医療機器など、幅広い産業に影響を与えています。製品の供給不足や価格上昇、開発の遅延など、様々な問題が発生しています。

半導体不足の解決策

半導体不足の解決には、需要と供給のバランスを調整することが重要です。具体的には、以下の対策が考えられます。

  • 生産能力の増強

半導体メーカーは、新たな工場の建設や既存工場の増設を進めています。

  • 供給網の多様化

東アジア以外の地域での半導体製造の拡大が進められています。

  • 在庫管理の改善

需要変動への対応力強化のために、在庫管理の改善が進められています。

  • 自動車産業の対応

自動車メーカーは、半導体不足の影響を受けにくい車種の開発や、ソフトウェアによる代替など、様々な対策を講じています。

半導体不足の今後

半導体不足は、2023年後半から徐々に解消していくと予想されています。しかし、完全な解消には、2024年以降まで時間がかかる可能性があります。

参考資料

  • 半導体不足はなぜ起きた?原因といつまで続くのか解説 – 識学総研: https://souken.shikigaku.jp/11771/
  • 半導体不足の原因とその解消|自動車・家電業界の品薄事情についても解説: https://www.shindengen.co.jp/column/vol25/