ニュース

吐いたあと すっきり なぜ

0
12

吐いた後、すっきりしたと感じる理由はいくつか考えられます。

1. 胃の内容物が排出される

吐くことで、胃の中に溜まっていた食べ物や胃酸などが排出されます。胃の内容物が排出されると、胃の圧迫感がなくなり、楽になります。

2. 迷走神経の刺激

吐くことは、迷走神経を刺激します。迷走神経は、消化器系や呼吸器系など、体の様々な機能を調節する神経です。迷走神経が刺激されると、胃腸の運動が活発になり、気分が楽になることがあります。

3. ストレスの解消

吐くことは、ストレス解消にもつながります。ストレスを感じると、胃腸の調子が悪くなったり、吐き気を感じたりすることがあります。吐くことで、ストレスの原因となる物質が体外に排出され、気分が楽になることがあります。

4. ホルモンの分泌

吐くと、セロトニンやドーパミンなどのホルモンが分泌されます。これらのホルモンには、気分を落ち着かせる効果があります。

5. 体温調節

体温が上がりすぎると、吐き気を感じることがあります。吐くことで、体内の熱が排出され、体温が下がります。

ただし、吐き気や嘔吐が頻繁に起こる場合は、病気が原因である可能性もあります。そのような場合は、医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切です。

参考資料

  • 吐いた後、すっきりするのはなぜ?:
  • 吐くとスッキリする理由は?脳と体のメカニズムを解説 – 健康の知恵: