ニュース

熱中症 寒い なぜ

0
13

熱中症は、暑い環境で体温が上がりすぎて、体内の水分や塩分のバランスが崩れることで起こる病気です。一般的には、気温が高く、湿度も高い夏場に発生します。

しかし、冬でも熱中症になる可能性があります。冬に熱中症になる主な理由は以下の2つです。

1. 暖房の効いた室内

暖房の効いた室内は、外気温が低くても、体感温度は高くなります。特に、換気が悪い部屋では、熱がこもりやすく、体温が上がりやすくなります。

2. 運動時の服装

冬は寒いため、運動時に厚着をすることがあります。厚着をすると、汗をかいても蒸発しにくく、体温が上がりやすくなります。

冬に熱中症を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

  • 室内の換気をこまめに行う
  • 暖房器具の設定温度を上げすぎない
  • 運動時には、薄着で、こまめに水分補給をする

また、高齢者や乳幼児は、体温調節機能が未発達なため、特に注意が必要です。

冬に熱中症になった場合は、涼しい場所へ移動し、水分や塩分を補給しましょう。症状が改善しない場合は、医療機関を受診してください。

参考資料

  • 冬でも油断禁物!熱中症の症状と予防法:
  • 冬の熱中症について | 一般社団法人日本医師会: