ニュース

電動キックボード 免許不要 なぜ

0
10

日本では、2023年7月1日から道路交通法が改正され、特定小型原動機付自転車(以下、特小原付)と呼ばれる新しい車両区分が設けられました。この特小原付に分類される電動キックボードは、従来の原動機付自転車(原付一種・原付二種)と異なり、免許が不要となりました。

免許不要となった主な理由は以下の3つです。

1. 速度と車体の大きさ

特小原付は、最高速度20km/h以下、車体の大きさ(全長190cm以下、全幅60cm以下、車高125cm以下)が制限されています。これらの制限により、歩行者や自転車と同程度の速度で走行し、車道と歩道の分離が難しい場所でも安全に走行できると判断されました。

2. 国際的な整合性

欧米諸国では、電動キックボードは免許不要で走行できる国が多いです。国際的な整合性を図るためにも、日本でも免許不要とすることで、観光客や外国人旅行者の利便性を向上させるという目的もあります。

3. 社会実験の結果

2022年4月から6月までの約3ヶ月間、東京都、大阪府、福岡県で特小原付の社会実験が行われました。その結果、大きな事故やトラブルが発生することなく、安全に走行できることが確認されました。

特小原付の運転ルール

免許不要となったとはいえ、特小原付は道路交通法上の車両であり、以下のようなルールを守って運転する必要があります。

  • 車道左側を走行する
  • ヘルメットを着用する
  • 歩行者や自転車に注意する
  • 음주운전하지 않기
  • 二人乗りしない
  • 改造しない

これらのルールを守らずに運転した場合、違反点数や罰金が科される可能性があります。

特小原付の普及

免許不要となったことで、電動キックボードはより身近な移動手段として普及していくことが期待されています。しかし、安全な走行を心がけることが重要です。

参考資料

  • 道路交通法の一部を改正する法律案の概要: [無効な URL を削除しました]
  • 特小原付(電動キックボード等)の交通ルールについて: [無効な URL を削除しました]